また

良い言葉を発見。
キングコング的西野亮広的blog上。

僕が選んだ「言葉」と僕が選んだ「言葉を発するタイミング」を正確に伝えたいし、その人が選んだ「言葉」とその人が選んだ「言葉を発するタイミング」を正確に受け取りたいのだ。
言葉を伝え損ねるだとか、聞き損ねるなんて事はありえない。
失敗したら言い直せばいいという問題じゃない。同じ言葉でもあの時のあのタイミングは、この先何十年生きようとも二度とやってこないのである。

這個人,有點色色的,想法很特別,但又總有一點道理在。
挺迷人的。(臉是我的type就是了^^;)

西野亮広的「西野公論」
http://mycasty.jp/nishinoakihiro/

追記翻譯一下↓

我所選擇的「言語」和我所選擇「發表言語的timing」我都想正確的傳達出去,而對方所選擇的「言語」和對方所選擇「發表言語的timing」我也想正確的接收。
因為言語的傳達而有什麼損失,或是因為聽取而有什麼損失,都是沒有道理的。
這不是失敗了就再重說一次就可以解決的問題。因為就算是同樣的言語,要在當下那個時刻、當下那個timing說出來,接下來再活個十幾二十年也不會出現第二次了。

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.