赤西仁

赤西仁、初主演映画でボーカル役 小林武史氏が劇映画を初監督
 KAT-TUNの赤西仁(24)が、人気絶頂のロックバンドを題材にした青春映画「BANDAGE バンデイジ」(2010年公開)で、映画初主演を飾ることが28日、発表された。
 監督&音楽は、Mr.Childrenやレミオロメンらを手掛ける音楽プロデューサーの小林武史氏(49)。映画監督の岩井俊二氏(45)が脚本を担当する。小林氏は、岩井氏の映画「スワロウテイル」(96年)や「リリイ・シュシュのすべて」(01年)で音楽を担当。今回が3度目のタッグとなる。
 映画は、アマチュアライター菅智香さんの小説が原作で、メジャーデビューを目前に控えた人気バンド「ランズ」のリーダーでボーカリストの高杉ナツ(赤西)が、衝突や葛藤(かっとう)に立ち向かいながら成長していく姿を描く。小林氏は、岩井氏が書き上げた脚本をもとに、さっそく「BANDAGE」というテーマ曲を作成。その力強さに感銘した岩井氏が、「監督もお願いしたい。2人のプロデュースで新たなジャンルを切り開きたい」と提案したという。ナツ役には、両氏ともに、スター性と繊細さを持ち合わせる赤西の名前で一致。また、小林氏はテーマ曲も含めて、5曲以上を書き下ろす予定だ。
 ドキュメンタリー映画「【es】Mr.Children in Film」(95年公開)以来2作目で、劇映画としては初の監督挑戦となる小林氏は、「僕の中のコンセプトは『ミクスチャー』。なので、感覚的に主演は赤西仁がいいと思った。僕との音楽的な距離や経験の違いも含めて。1990年の1つのバンドを背景にして、いろんなジャンルや生き方を組み合わせた、疾走感のある映画にしたいと思っている」と話している。
 赤西も、衣装合わせの段階からスタッフと意見交換するなど、気合十分。「小林武史さん、岩井俊二さんという素晴らしい方々の作品で、映画初主演できることをうれしく思います。また、KAT-TUNではできない形のアーティストとして演じることを楽しみにしています」とコメントした。11月3日に都内でクランクインし、来年3月の完成を目指す。


喂喂喂! 小林武史耶!
不單純只是赤西仁第一次主演電影,而且還演樂團主唱,
導演和音樂還是小林武史耶!
那個Mr. Children的小林武史耶!
那個MY LITTLE LOVER的小林武史耶!
那個レミオロメン的小林武史耶!
那個一青窈的小林武史耶!(←我只指音樂上的合作)


赤西仁的臉和演技、樂團主唱角色、小林武史音樂,
整個很期待怎麼辦?

留言

  1. hitomi表示:

    據説是小林武史和岩井俊二都屬意他
    不管在臉還是唱歌還是運氣上老天都很眷顧他XD

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.