堂本剛


堂本剛がおマヌケ探偵役でコメディーに挑戦
 KinKi Kidsの堂本剛(29)が8月2日スタートのフジテレビ系「33分探偵」(土曜後11・10)に主演することが5日、分かった。連ドラは平成16年4月期のTBS系「ホームドラマ!」以来4年4カ月、単発でも3年ぶり。見当違いの推理を展開し、周囲に突っ込まれまくる、探偵ドラマ史上、もっとも“ゆる~い”探偵・鞍馬六郎を演じる。
 剛と探偵といえば、平成7、8年放送の連続ドラマ「金田一少年の事件簿」。名探偵、金田一耕助の孫、一(はじめ)役で難事件を解決。「じっちゃんの名にかけて」の決めゼリフとともに人気となり、9年には映画化もされた剛の代表作だ。
 だが、今度の探偵はひと味もふた味も違う。「33分探偵」の33分は、同枠の本編尺(CM分を除いた長さ)。剛扮する鞍馬は、視聴者すら「犯人ではない」と分かる人物を指して、「犯人はあなたですね」と断言、独自の推理を披露する。推理には、鞍馬なりの鋭い視点があるが、やはり真犯人ではない、というオチがつく33分で展開するコメディーだ。
 原案、脚本は監督も務める福田雄一氏。福田氏はフジ系「新堂本兄弟」やテレビ朝日系「堂本剛の正直しんどい」の構成作家。剛のキャラクターを知り尽くし、存分に生かした作品になるに違いない。
フジの鹿内植プロデューサーは「ズバ抜けたバランス感覚、演技力、そして、つかみどころのない魅力が、33分探偵というキャラクターを最大限に魅力的にしてくれると確信しています」とぞっこん。
 一方の剛も、4年4カ月ぶり、加えてフジで初となる連ドラ主演に力が入る。単発ドラマさえ、3年前の同局系「星に願いを」が最後。俳優業が遠のいた理由を、関係者は「ソロ活動が忙しかったようだ」と話す。
 というのも、17年12月にソロプロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」をスタート。堂本光一(29)とのベースであるKinKiの仕事に加え、単独ツアーを毎年行い、多忙だった。
 剛は「コメディードラマということで非常に楽しみ。笑いのあふれる現場作りができればいいと思っています」と約束。新しい探偵像の誕生が楽しみだ。



tsuyo終於又演日劇了

新日劇還是個讓人馬上想到金田一的角色。
呼~金田一啊~~(遠目)

明明就是個演戲的料,卻又一直沒新日劇演,
是因為在ENDLI那邊作REAL ME作得太開心了吧他。

為了錦戶亮看「LAST FRIENDS」看到有點痛苦
(還好有瑛太在)
希望是部讓我可以看人,又可以享受劇情的日劇啊!

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.